サイトトップ衣装を汚してしまった場合着こなし方を学ぶ寒い中の撮影でも安心着物を返す際のマナー
京都の着物専門店男性へのサービスヘアスタイルを楽しむ着物で京都観光モデル気分で写真撮影
着物に合うスタイル統一感が大事アルバム製作着物の着用方法縁起が良い物
歴史を感じる吉田神社祇園白川の町家を背景に嵐山の渡月橋付近SITEMAP

京都でクリーニングしたい

京都で着物借りる

クリーニング不要で返せる京都の着物のレンタル会社

京都というのは着物の町でもありますので、旅行などへ行った時に着物を着用して観光などを楽しむという方も沢山いらっしゃいます。

 

舞妓さんの体験などは、その代表的な例ではないでしょうか。
これこそまさに京都ならではの体験として大変人気があります。

 

というのも、京都は舞妓さんなどの文化からも分かるように、着物に縁のある街です。
また、街並みも昔ながらの風情が残る地域がたくさんあります。

 

世界遺産の寺社も着物が似合う場所の代表と言えるでしょう。

京都こそ前撮りがしたくなったり、着物を来て歩きたい街なのです。

 

しかしながら、現代人の多くはあまり着物を所有していませんので、実際に着用したいと
思っても自前で用意するという事がなかなかできないものです。

 

着付け


そんな時に役立ってくれるのが京都のレンタル会社です。

 

成人式や卒業式といったイベントの際には、着物のレンタルを利用される方が
沢山いらっしゃると思います。

 

それ以外でも着物を来て出かけたい場面にぜひ利用したいものです。

 

レンタル会社を利用すれば貸し出しをしてもらう事ができますので、プリントTシャツみたいに
気軽に着物を楽しむ事ができるのです。

 

お化粧

 

また、京都のレンタル会社では沢山のデザインを用意していますので、簡単に好みにマッチする
素敵な一枚を利用する事ができます。歌舞伎やお芝居など、着物が似合うシチュエーションへの
お出かけなどにもぜひ利用したいですね。

 

それ以外にも、子どもさんの卒業式や七五三など、付き添いのご両親の装いにも利用できるでしょう。

 

気になるのが着用後のクリーニングですが、多くの会社ではクリーニング不要となっていますので、
着用した後にはクリーニングせずそのまま返却する事ができます。

 

これは着物を使いなれない人にも大変嬉しいサービスです。
もちろん着付けだったり、メイクなども行ってもらう事ができますので、着用するのがはじめてと
いう方でも安心して利用する事ができるのです。

 

着物の原型”小袖”とは?着物の歴史

着物の原形は小袖です。出来上がったのは平安時代のことで、その後にも着物は変化して
江戸時代にはそれで一色になったほどです。また伝統的な模様が生まれたのもこの時期になります。

 

着物は貫頭衣に起源をもっており、袖をもつようになった当初は筒袖で、次第に袂が大きくなり
室町時代に今の着物のようになりました。

 

貫頭衣は身の丈の倍の長さの2枚の布を縫い合せて横に二つ折りして中央付近は縫わずに、
そこから首を出すようなもので、縄紐を腰に巻くことで体に固定することが出来ました。

 

日本は比較的気候が暖かいため、毛皮の衣服からこのような貫頭衣のような衣類が着られるように
なったのです。

 

貫頭衣を発明した後は、体温の保存と体の保護のために両脇を縫って筒状の袖を付けました。
袖を付けると着脱しにくくなるため、体の前の部分の縫い合わせを解いたと考えられます。

 

前を空けると風が入って寒くなるので、その対策で前身頃の部分が重なりあうように
衽部分(おくみぶぶん)が付けられて、さらに首の回りに保護と防寒性の向上のために
襟が付けられたのです。ここまでくると現在の着物の形に近づいてきます。

 

平安時代に庶民が着るようになったのは、大袖のように袖が大きくないので労働するのに
ふさわしい衣服でした。また平安の末期には武家も庶民から現れたため、私的な場では
着用し鎌倉から安土桃山時代には衣服の中心になっています。

 

高級品は生地の染め方や織り方が違う!良い着物の見分け方

そんな着物には生地の織り方や染め方によって様々な違いがあり、高級なものほど質が高くなっていきます。同じような形をしていても、見た目に大きな違いが出ます。
着物に使用されている素材の中で最も質の良いのは絹で、肌触りが異なります。その下に綿や麻などが続きます。
そしてポリエステルなどの化学繊維で作られた着物も数多くありますが、絹と比べると手触りでの違いが分かりやすいです。耐久性の面では化学繊維の方が優れていますが、質に関しては劣ると言えるでしょう。
そして織り方に関しては、機械が行う場合がありますが、高級なものだと人の手によって仕立てられています。

ただ現代の機械は非常に精密に仕上げることが可能なので、特に慣れていない人だと見分けるのは非常に難しいです。
ただその精密さははっきりと表れるため、近くで見ても整っています。それに対して人の手で作られたものは非常に小さな範囲で見ると、多少の誤差があります。それが見分けるポイントになるでしょう。

また安すぎるものだと生地に使用する糸もできるだけ少なく抑えようとするため、織り目が全体的に粗くなりがちです。それらをはっきりと見抜くには透かしてみる方法が有効的なので、機械があれば試してみると良いでしょう。
染め方に関しても織り方と同様で、高級品は人の手によって手間暇をかけて行われています。

最上級のものになると、何度も重ね初めをして、しっかりとした色が定着しているでしょう。
それに対して安いものだと量産を前提にしているため、機械による印刷が基本です。

そして染めと印刷ではそもそも手順が異なるため、生地の仕上がりに大きな違いが出ます。
染められているものであれば裏までしっかり浸透していますが、印刷では表だけなので白い裏地との差は明確です。
そのため裏を確認してみるのが最も手軽な方法です。 また印刷の技術も進歩していて、表面からでもある程度の距離を置けば違いが判らない程度の仕上がりにはできます。

しかしある程度目の肥えた人が近くで見ると、風合いの異なりがわかることもあります。
京都で着物レンタルできる場合でも、プランによって価格が異なり、高くなればなるほど上質な着物の中から選べることが多いです。
その違いを覚えておくと、一目置かれることもあるかもしれません。また織り方や染め方の中から、自身の好みを見つけていれば、指定するのもスムーズに進められるでしょう。
印刷の仕上がりでも満足できるのであれば費用を安く済ませられたり、耐久性を求めて敢えて低いものを選ぶといった風にです。